カテゴリー別アーカイブ: 未分類

幽霊の正体見たり枯れ尾花。
でも、幽霊に見えてる間は、その人にとってはすすきも恐怖の対象でしかない。

白旗全面降伏してるのに、なんで武器に見えたんだろうなぁ。と思うけど、多分相手にはそう見えて、見えたもんは見えたんだから仕方ないよねぇ。そんな話なんだろう。

落っことしそうになった割れ物を、なんとかキャッチしようとしたけど、割れ物は手をすり抜けて派手に大破したのであった。

nontitle

びっくりするくらい、
いつも受け答えが斜め上なその人は、
今回も軽々と果てしなく斜め上だったので、
安心してゆっくり眠れそうな夜更けです。

判明した現実がどのようなモノであっても、
この人が居てくれればそれで安心だな、と思う。

【戯言】単純な話

一緒にいて楽だと感じるなら、
誰よりも相手と感性があっているか、
または相手が他の人より我慢強いかだ。

自分が楽だからといって、
相手も楽だとは限らない。
自分が楽しいからといって、
相手も楽しいとは限らない。

常に自分こそ疑え。
自分が常識だと思い込んでいるものは、
自分の行きし来し方の結果でしかなく、
世の共通認識などではあり得ないと知れ。

自分を過信するより、
自分に自信がないくらいでいい。
得られる物を得る機会を放棄するなど、
馬鹿になりたくなかったらする必要がない。

遠ざかるシャレードは、
ブレーキランプを2回点滅させた。

「好き」じゃなくて「バカ」らしいよ。
運転してるの、そもそも彼じゃねーしな。

当時の自分は相当なもの知らずで、
からかって遊んでくれる大人に囲まれて、
死ぬほど馬鹿なままでいた。

何も考えないでいた。
考える必要がなかった。

1日だけそこに行かせてくれないだろうか。
別にあの時に戻りたいなんて戯言を、
ほざくつもりは毛頭無いけれど。

疲れたなーとボンヤリ。
ホットワインの夜更けです。

出来る限りの事を出来るだけやって、
それでどうにもならない事は、
運を天に任せる。

運命だとか天運だとか、
微塵も信じていないけど。


運は信じていないけど、
縁はあるんじゃないかと思う。

あるんじゃないかというよりは、
むしろあると信じてる。

例えばその人に出逢って、
ともにいる時間を持つことになった事には、
きっと何か意味がある気がするんだな。

平たく言うと
「学べ」って事なんじゃないかと思う。


言葉が健やかで、少しだけ眩しかった。 
「大丈夫だよ」と言われたら、
本当に大丈夫な気がした。

お手本な気がしたんだよ。
自分より信じられる他人な気がしたんだ。

nontitle

その人は言葉のアヤで言ったんだと思うし、
ヘタしたら言った次の瞬間にはすでに
忘れてるかもしれないんだけどさ。

その言葉は健やかだなと思ったし、
ちょっと憧れちゃうなと思ったりしたワケです。

長所でもあり、短所でもある。
それは自分でも、最近思ったりする。
ブレてるワケではないけれど、
悪く言うならば自分がない。

…ってワケではないんだけれど、
可能な限り流動的で必要性がなければ固執しない。
コレはダメってのは実は有るには有るんだけれど、
NGに抵触しないならオールオッケー。

イヤゴトはいうけどね!
気に食わんとは表明しちゃうけどね!

狭い狭いキャパだけど、
可能な限りは譲ってくスタンス。
自分は偏屈だし、ワガママだし、
困ったチャンだと知ってるからさ。

それでいいと思ってた。
それがいいと思ってた。
違ったかもしれない気が最近した。

[恒例の] ひとり反省会 [アレ]

慣れなくていいことに慣れ過ぎだ。
なにやってんの?


自己完結という言葉があるけれど、
他人が絡む事象において、
その決着は有り得ない。

というか、
有り得たら駄目なんじゃん?
と思う程度には自分のことも冷めた目で見てる。

他人が絡む案件で、他人を意向を無視しても、
決着なんざするワケないっつーの。

自己完結をしたフリが多少上手くなっただけ。
そんなのただの現実逃避ですよー。
わかってんでしょ?

不毛だな。
と思うことは全部ポイしてきたんだなといまさら。


言いたいことも、
腹立たしいことも、
たくさんあった気がするけれど。

改善してほしかったり、
そうすれば何かが変わったり、
そう思えば伝える努力はしたかも?

言う方も、言われる方も、
あまり気分の良くないことは、
どうにかしたい気持ちがないと、
別にしなくていいことかなと思う。