月別アーカイブ: 2015年8月

[恒例の] ひとり反省会 [アレ]

慣れなくていいことに慣れ過ぎだ。
なにやってんの?


自己完結という言葉があるけれど、
他人が絡む事象において、
その決着は有り得ない。

というか、
有り得たら駄目なんじゃん?
と思う程度には自分のことも冷めた目で見てる。

他人が絡む案件で、他人を意向を無視しても、
決着なんざするワケないっつーの。

自己完結をしたフリが多少上手くなっただけ。
そんなのただの現実逃避ですよー。
わかってんでしょ?

不毛だな。
と思うことは全部ポイしてきたんだなといまさら。


言いたいことも、
腹立たしいことも、
たくさんあった気がするけれど。

改善してほしかったり、
そうすれば何かが変わったり、
そう思えば伝える努力はしたかも?

言う方も、言われる方も、
あまり気分の良くないことは、
どうにかしたい気持ちがないと、
別にしなくていいことかなと思う。

[近況報告] 凹んでるとかキミの気のせいですから。

そういえば最近、
特に旧知の知人に限って、
ポツンと思ったことを文字にしたら、
凹んでんのか扱いされることが多い。

えーと。
わりとあーでもない、こーでもないと、
アタマの中で裏表して、整理しているだけなので、
文字書いてる場合の本人状態は、どっちかっつーと、
内容の如何にかかわらずフラットなのでありますが…。

暗いのかねぇ。文字面は。


よく自分自身を
「八方美人な人見知り」だとか
「人当たりのいい人間不信」だとか言ってるんだけど、
実のところはそれほど他人と打ち解けないワケではないと思う。

ただ、どーにもこーにも相手様の御機嫌を損ねるのが苦手で、
当たり障りのない方向を選びがちなせいなのか、
chateさんの他己認識と自己認識の隔たりは、
まああるかと思ったりするワケです。

喋ってると能天気扱いしかされない辺りに、
じつは原因があるのかもしれないなーとか、
思ったり思わなかったりもします。

例によって例のごとく、
別に治す気ないんだけど(ぉぃ

幸せになるのが難しいとはあまり思わない。

でも、ひとりだと難しいんじゃないかって気が、
どうしてもしてしまうんだ。

おいしいねとか、たのしいねとか、
そんなことをニコニコ話すだけで、
単純にしあわせ満喫できるタイプだからかな。

しんどいねとか、やだねとか、
ネガティブな感情だってシェアすれば、
なんてことない事のよにさらっと流せるしさ。


だけど。

ふたりでいるのにひとりぼっちより、
ひとりでいるからひとりぼっちの方が、
いいじゃんねって気もしてしまうんです。

ひとりでいてひとりなのは当たり前。
ひとりじゃないのにひとりなんて、
できればもう経験したくない。

[戯言] アンバランスなバランス

喜怒哀楽のバランスがわりいなとは前々から思ってるけど、
別に治そうとかは思っていなくて。

楽は誰にでも。
喜は状況に応じて。
怒はそのパワーを持てる親しさの人に。


哀はどこか他人を巻き込みそうで、
できることならば近親者ににすら、
見せたくないなぁとか。

哀しいとか心配させるだけな気しかしないし。

そんなワケでできれば秘しておきたいから、
泣くのは自分より信頼できる人の前でだけ。
そんな感じがいいなぁと思うワケです。